仮設構造物に使用される鋼材の種類と許容引張応力の求め方について

こんにちは大野です。

今日は山留材に使用される鋼材の種類はどのようなものがあるかと許容応力についてのお話です。

 

山留材に使われる鋼材の種類

 

山留材に使用されるほとんどが一般構造用圧延鋼材 SS400という材質の鋼材です。

SS400が使用されている理由は、H形鋼、溝形鋼、等辺山形鋼で一般的で手に入りやすいという理由が一番です。

鋼材は市場に在庫がない場合は鋼材メーカーが作るのを待たないといけなくなります。使用したい鋼材が製造されるのは1~2ケ月後となります。

山留材は仮設のため、現場に合わせた設計変更が多くあります。そのため、材料が手に入りやすいSS400 を使用するのが一般的です。

鋼矢板のみSY295という材質を使用しています。

 

鋼材の許容応力度

 

降伏点

許容応力度に関係する鋼材の降伏点について説明します。

↓↓鋼材の応力とひずみの関係

 

上の図のC点が降伏点となります。

鋼材は力(応力)を加えるとある一定の応力までは、変形しても元の状態に戻ります。

応力を増やしていくと、ある応力を超えると、曲がったままの状態で元の状態に戻らなくなります

その元の状態に戻らなくなる応力を降伏点といいます。



許容応力度

図C点の降伏点の1.5倍(土木は1.7倍)の安全率を見込んだ値 を許容応力度(長期)となります。

 

仮設構造物は

①荷重を受ける期間が短い

②安全性とともに経済性を追求される。

許容応力の割り増しを行う。

 

割増は建築と土木で違います。

建築:1.25倍(長期と短期の平均)

土木:1.50倍

 

↓↓仮設構造物の許容応力の割増表

 

降伏点から許容応力度を求める方法は

例えばSS400 の建築構台の許容引張応力度の場合

曲げ、せん断、圧縮許容応力は建築、土木や発注者によって算出式が異なる。

 

 

 

 

今日は鋼材の材質と許容引張応力についてのお話でした。

 

それではまた!!