Ecoラム工法とヒロセメガビームの比較

こんにちは。大野です。

今日はジェコス㈱のEcoラム工法とヒロセ㈱のヒロセメガビームの比較をしていきたいと思います。

 

 

Ecoラム工法とヒロセツインビームの違い

 

両工法とも中間杭の施工費・材料費を削減することを目的とした山留支保工です。

目的と用途は同じ工法になります。

 

↓↓Ecoラム工法使用

 

↓↓ヒロセツインビーム工法

 

 

 

 

Ecoラム工法とヒロセツインビームの断面性能比較

 

 

↓↓Ecoラム工法の断面性能

 

↓↓ヒロセツインビームの断面性能

 

支保工の強度は断面係数断面二次半径の値を比較します。

Ecoラム工法の□400×400とヒロセツインビームを比較します。

 

断面係数Ecoラム工法 3,330cm4 ・ヒロセツインビーム3,600cm4

断面二次モーメントEcoラム工法 66,600cm3 ・ヒロセツインビーム70,100cm3

重量Ecoラム工法 245kg/m・ヒロセツインビーム 225kg/m

施工可能スパン:両工法とも最大で18.0mまでは中間杭無しで施工が可能です。

 

 

 

Ecoラム工法とヒロセツインビームはどちらが優秀?

 

断面性能はヒロセツインビームが優秀で重量はヒロセツインビームのほうが軽くなっています

これはおそらく類似商品でヒロセメガビームのほうが後から開発された商品なので、Ecoラム工法を意識して性能的良い商品を開発したものと予想されます。

ただし、Ecoラム工法のほうが古い工法なので、実績は多く、ノウハウがたくさんあるものだと思います

 

どちらの工法がを採用すべき?

 

性能面で考えるとヒロセメガビームの採用。

実績の多さ・ノウハウで考えるとEcoラム工法を採用するのがいいと思います。

 

 


 

今日はEcoラム工法とヒロセツインビームの比較についてのお話でした。

 

山留支保工についてはこちらから

 

質問がある場合は気軽にコメント欄に記入をお願います。

 

できる範囲で回答しようと思います。

 

それではまた

Ecoラム工法の紹介

こんにちは大野です。

近年特殊な支保工が重仮設の各社所有しています。

今日はジェコス㈱の所有するEcoラム工法についての紹介です。

 

Ecoラム工法とは?

角鋼管の切梁を使用して、従来工法では中間杭が必要な山留でも、中間杭を無しにできる工法です。

↓↓Ecoラム工法使用

 

↓↓従来工法

 

 Ecoラム工法を採用するメリット

 

メーカーHPから引用すると

①躯体品質向上・・・中間杭がなくなるので、構造物内に中間杭が残らないということです。

②工期短縮・・・中間杭の打設・撤去工事がなくなり工期短縮できます。

③安全性向上・・・中間杭の打設・撤去工事がなくなり安全性が向上するということです。

④経済性の向上・・・中間杭が不要になり工事が安くなります。

 

 

 Ecoラム工法の断面性能

Ecoラム工法はサイズが□350X350と□400X400の2種類あり、材質がSTKR490となっています。

サイズは現場の用途によって選択します。

材質は通常のH型鋼より高強度の材質になります。

 

Ecoラム工法の重量

□350X350は176㎏/mでH350×350より重くH400×400より軽くなります。

□400×400は245㎏/mでH400×400より重くH500×500より軽くなります。

↓↓Ecoラム工法の重量表

 

 

Ecoラム工法の施工可能スパン

切梁にかかる軸力にもよりますが、最大で18.0mまでは中間杭無しで施工が可能のようです。

H500×500で9.0mまでなので、倍くらいのスパンは中間杭が無しでも施工が可能になります。

 

↓↓適用スパンの目安

 

詳しくはジェコス㈱ ホームページを見てみてください。

 


 

今日はEcoラム工法についてのお話でした。
山留支保工についてはこちらから

質問がある場合は気軽にコメント欄に記入をお願います。

できる範囲で回答しようと思います。

それではまた。