山留壁の種類!!

こんにちは。大野です。

今回は通常の土留め工事で使用する土留め壁の種類についての記事です。

今回は①親杭横矢板工法・②鋼矢板工法・③ソイルセメント柱列壁についてについて説明します。

この3つの工法は施工実績が多く、一般的に施工される土留壁になります。

1.親杭横矢板工法

H 型鋼の親杭を一定間隔に打設し、掘削と共に木矢板等の横矢板を設置しながら施工していく工法です。

メリットとしては

①鋼矢板工法と比較すると施工費・材料費が安くなる

デメリットとしては

止水性がないため、湧水がある場合は薬液注入などの補助工法が必要となる。

③横矢板と地盤の間に間隙が生じやすいため、地山の変形が生じやすい

2.鋼矢板工法

鋼矢板をかみ合わせながら打設し内部掘削を行う工法である。

メリットとして

止水性が高く、軟弱地盤にも適用可能で、耐久性があり、転用も可能である。

②ソイルセメント柱列壁工法と比較すると剛性が低く、たわみ性の壁であるため、変形が大きくなる

デメリットとして


①引抜きに伴う周辺地盤の沈下影響があるため、影響が大きいと判断される場合は残置する必要がある。

3.ソイルセメント柱列壁

SMW工法と呼ばれることが多い工法です。

地盤を削孔しながらセメントミルクと土を混合して壁体を形成する工法である。

メリットとして


①親杭工法や鋼矢板工法に比べると剛性を高くできるため地盤の変状が問題となる現場に適している。

②振動騒音が少なく、止水性が高い

デメリットとして

③セメントミルクの汚泥処理が必要となる。

今日は山留壁の種類について、簡単に説明しました。

それではまた!!