鋼矢板を狭い場所で施工する方法

こんにちは。大野です。

今日は鋼矢板を狭い場所で施工する方法についてのお話です。

 

上空の高さに制限がある場合の鋼矢板施工

 

屋内や軒下などで鋼矢板を打設する場合、設計上の長さでは打設できない場合があります。

このような場合の施工方法として、鋼矢板を施工可能な長さに切断し、現場で溶接をしながら打設していきます。

打設方法としては「上部障害クリア工法」により圧入することが、一般的です。

 

この図のようにして打設します。

 

上空障害の高さ

 

メーカーのカタログはこちら

 

 

近接した場所に障害物がある場合

 

鋼矢板を構造物に近接したところに、圧入する場合、施工機械が支障になり施工できない場合があります。

このような場合は「ゼロクリアランス工法」を採用すると、打設可能になります。

 

↓↓ゼロクリアランス工法

 

ゼロクリアランス工法のカタログはこちら

 


今日は鋼矢板を狭い場所で施工する方法についてのお話でした。

 

鋼矢板工法についてはこちら

 

記事に関する質問や意見がある場合はコメント欄までお願いします。

できる範囲でお答えしようと思います。

それではまた。

 

鋼矢板のコーナーはどうするの?

こんにちは。大野です。

今日は鋼矢板のコーナーはどうするかというお話です。

 

鋼矢板を90°で曲げる場合

 

鋼矢板を90°で曲げる場合は「コーナー鋼矢板」と呼ばれる鋼矢板を使用します。

コーナー鋼矢板は鋼矢板を製造する鉄鋼メーカーで製造されているもので溶接加工がない商品です。

リースにも対応したものがあります。

 

↓↓コーナー鋼矢板

 

特殊コーナー鋼矢板

 

角度が90°以外で曲げる場合のコーナー鋼矢板

曲げ角が90°以外の場合は継手部を一度切断し、曲げたい角度に合わせて継手部を溶接する特殊コーナー鋼矢板を作成します。

1枚の鋼矢板を使って1枚の特殊コーナー鋼矢板を作成します。

↓↓特殊コーナー鋼矢板

この場合は、リース品ではなく、買取品となります。

 

 

T字コーナー鋼矢板

T字コーナー鋼矢板は鋼矢板の延長を合わせたい場合やT字に鋼矢板を打設したい場合に使用されます。

鋼矢板を半分に切断して、切断した鋼矢板を別の鋼矢板に溶接して作成します。

作成には鋼矢板2枚を使用して1枚の鋼矢板を作成します。

↓↓T字コーナー鋼矢板

この場合も、リース品ではなく、買取品となります。


今日は鋼矢板のコーナーはどうするというお話でした。

 

鋼矢板工法に関する記事はこちら

 

記事に関する質問や意見がある場合はコメント欄にお願いします。

できる範囲でお答えしようと思います。

それではまた。

鋼矢板の継手部からの漏水を止める方法

こんにちは。大野です。

今日は鋼矢板の継手部からの漏水を止める方法についてのお話です。

 

 

継手部からの漏水

 

鋼矢板の止水性は継手の結合状態によって左右されます。

鋼矢板の結合状態が図のような圧縮・引張状態になると漏水の水量が減ります。

 

鋼矢板は止水性を有しますが、打設後の土砂による目詰まり効果により止水効果が向上します。

しかし、鋼矢板の背面が水の場合や背面土が砂礫などの粒子が粗い場合には、目詰まり効果を期待するために長い時間がかかります。

 

そのため、鋼矢板の継手部に止水材を塗布することによって止水性を高める方法が用いられる場合があります。

止水材を用いる場合は、鋼矢板の結合部のすき間の止水性を向上させるものがあります。

↓↓止水材

 

 

止水材の種類

 

止水材はメーカーから出ています

「アデカウルトラロック」や「パイルロック」などがあります。

施工方法、施工例がメーカーホームページに載っています。

鋼矢板止水材「アデカウルトラロック」はこちら

鋼矢板止水材「パイルロック」はこちら

 


今日は鋼矢板の継手部からの漏水を止める方法についてのお話でした。

 

鋼矢板工法についての記事はこちら

 

記事に関する意見や質問はコメント欄にお願いします。

できる範囲でお答えしようと思います。

それではまた。

 

鋼矢板の共下がり防止策はどのように行う?

こんにちは。大野です。

今日は鋼矢板の共下がりについてのお話です。

鋼矢板施工時に、先行して打設した鋼矢板が施工中の鋼矢板とともに下がっていく現象を「共下がり」といいます。

 

共下がりしやすい地盤

過去の実績から経験的に判断すると地表面ではN値が高く、鋼矢板先端付近が軟弱な地盤で共下がりをおこしやすい傾向にあります。

また、埋めて地などの軟弱地盤でも共下がりはおきやすくなります。

 

共下がり防止対策

 

P > Rの関係が生じた時に共下がりが生じます。

 

次の方法を用いて共下がりを防止します。

鋼矢板が傾斜している場合は立ちを修正し、継手摩擦抵抗を低減させます。

 

柔らかい地盤の場合は、鋼矢板を計画高さを高い位置で打ち止め、共下がりの余裕を見ておき最後に所定の高さまで打ち込みます。

 

共下がりしつつある鋼矢板に隣接する既設鋼矢板同士との継手部を溶接するか、あるいは溝形鋼や鋼板を用いて溶接やボルト締めで数枚の鋼矢板を一体化します。

または隣接する鋼矢板を吊りながら打ち込みます。

 

鋼矢板の継手部に潤滑材を塗布し継手摩擦抵抗を減少させます。

 

打込む鋼矢板の継手下部に矢栓を取り付け、継手部に土砂が入るのを防ぎます。

 


今日は鋼矢板の共下がりについてのお話でした。

 

記事に関する意見や質問がある場合はコメント欄までお願いします。

できる範囲でお答えしようと思います。

それではまた!!

鋼矢板の打設時の傾斜はどのように修正するのか?

こんにちは大野です。

今日は鋼矢板を打設しているときに、鋼矢板が傾斜する場合があります。

その時にどのように傾斜を修正するかというお話です。

 

鋼矢板の傾斜の原因

鋼矢板は、一般に打ち込み進行方向に傾斜します。

これは図のように、鋼矢板のセクション部の抵抗により、貫入抵抗力が鋼矢板の左右で異なり、打ち込み方向の貫入抵抗が小さいためです。

この傾斜の度合いは軟弱地盤において大きくなります

傾斜を防止するためには、建て込み、打ち込みを慎重に行うことが必要で、もし傾斜が生じたときは早めに修正をすることが大切です。

 

 

鋼矢板の傾斜を修正する方法

 

傾斜の修正方法として次の方法が考えられます。

①すでに建て込んだ鋼矢板の頭部を傾斜反対方向にワイヤーで引っ張ります。

 

②鋼矢板下端を、図のように斜めに切断し、傾斜を修正します。

 

③継手摩擦抵抗を低減させるために、砂が入らないように継ぎ手の先端部に矢板栓の装着を行います。

 

④鋼矢板の傾斜が上下で鋼矢板の1枚分の幅以上になった場合、バチ鋼矢板を用いて修正します。

 

以上のような修正方法が一般的な方法です。

 


今日は鋼矢板の打設時の傾斜はどのように修正するのか?というお話ででした。

 

記事に関する意見や質問がある場合はコメント欄までお願いします。

お答えできる範囲でお答えしようと思います。

それではまた。

 

鋼矢板・H鋼杭打設のバイブロハンマーの機種選定方法

こんにちは。大野です。

今日は、鋼矢板・H鋼杭打設のバイブロハンマーの選定方法についてのお話です。

 

実施工においてのバイブロハンマーの機種の選定は施工業者の実績がら選定をすればよいと思いますので、今回は計画段階での機種の選定方法について説明します。
選定にあたっては国土交通省の歩掛算定資料をもとに行います。

 

電動バイブロ 機種の選定方法

 

N値と打込み長さによる電動バイブロハンマの選定

この表によると

①杭長15m以下・N値50以下→60kW電動バイブロ

杭長15m以上・N値50以下→90kW電動バイブロ

杭長15m以下・N値50~100→60kW電動バイブロ+ウオータジェット

④杭長15m以上・N値50~100→90kW電動バイブロ+ウオータジェット

を選定しなさいと記載があります。

 

N値が50を超えるものは換算N値で計画をします。

換算N値=1500/落下50回当たりの貫入量(㎝)で計算して算出します。

 

 

油圧バイブロの機種選定

 

N値と打込み長さによる油圧バイブロハンマの選定

①N値50以下→224kW油圧バイブロ

②N値50以下→224kW油圧バイブロ+ウォータージェット

油圧バイブロは長さに関係なくN値で決定しています。

 

 

引抜時のバイブロハンマの選定

 

引抜時のバイブロの選定はN値に関係なく以下の表により選定する。

電動式バイブロは60kwを使用

油圧式バイブロは225kwを使用

 

実施工時のバイブロの選定方法

 

実施工においては、周辺の環境や地盤と過去の施工実績をもとに機種を選定しなければなりません。

一般的に電動バイブロよりも油圧バイブロのほうが振動・騒音が少ないといわれてます。

また、N値が低くても均一な砂層などは施工中に振動で地盤が締まってバイブロでは施工できないような地盤も存在します。

それから、ウォータージェットを併用する場合は水の処理方法を計画しなければなりません。水が処理できない場合はウォータージェットでの施工はできないので注意しなければなりません。

施工する業者への相談や調査・試験施工を行って施工の計画をたてましょう。

 

 


今日はバイブロの機種選定方法についてのお話でした。

 

親杭のバイブロ施工に関する記事はこちら

質問がある場合は気軽にコメント欄に記入をお願います。

できる範囲で回答しようと思います。

それではまた。

SCB工法(控え壁式自立鋼矢板工法)の紹介

こんにちは。大野です。

今日はSCB工法(控え壁式自立鋼矢板工法)の紹介をしようと思います。

 

SCB工法(控え壁式自立鋼矢板工法)とは

 

鋼矢板の背面に山留壁を引っ張る目的でT字に鋼矢板を打設します。

背面にT字に鋼矢板を打設することで、鋼矢板の自立性が高まり自立高を高くすることがを目的にした工法です。

 

 どのような現場に有効?

 

SCB工法が有効な現場は

掘削深さが4.0~6.0mの山留支保工が必要な現場

山留壁の平面形状が30m×30m以上のような広い現場

このような現場に適用すると地下の空間が広く使用できるので有効な工法です。

 

↓↓切梁式山留支保工

 

SCB工法で施工すると

1段梁~2段梁の現場が自立工法に変更できます。

 

SCB工法の特徴

1.切梁中間杭が不要なため、躯体工事・掘削工事・鉄筋工事が効率的にできる。

2.掘削躯体構築中に山留支保工を設置・撤去するクレーン作業が無い為、切梁工法より安全性が高い

3.平面規模が20m×20m程度以上になると、躯体工事と仮設工事のトータルコストでメリットが発揮されやすくなります。

 

SCB工法を施工した感想

SCB工法は自立工法と同じ工法で、躯体工事・鉄筋工事・掘削工事の施工はしやすくなります。

鋼矢板の枚数が多くなるので、硬い地盤で採用する場合は、工期がくなります。

自立工法と同じなので、変位が大きくなります。

近接した場所に構造物や地下埋設物がある場合は注意が必要な工法です。


 

今日はSCB工法についてのお話でした。

山留支保工についてはこちらから

 

質問がある場合は気軽にコメント欄に記入をお願います。

 

できる範囲で回答しようと思います。

 

それではまた。

 

 

 

鋼矢板を引き抜くときの注意点

 

こんにちは。大野です。

今日は鋼矢板を引き抜く場合の注意点についてのお話です。

鋼矢板は仮設として使用するので、地下工事完了後は不要となるため、引き抜き撤去する場合があります。

 

鋼矢板引き抜きによる周辺地盤への影響

 

躯体構築後、鋼矢板と構造物の間を良質土で埋め戻した後に鋼矢板を引き抜きます。

引抜により土砂が鋼材に付着して上がってきます。

粘性の高い地盤ではこの量が多く、引き抜き後には地中に空洞が生じます。

特に鋼矢板の場合には、これが連続するため周辺沈下の原因や近接構造物に悪影響をおよぼすことになります

このことを十分調査のうえ、引抜き跡の処置方法についても検討しなければなりません。

 

①鋼矢板の引き抜き

 

②鋼矢板引き抜きの影響範囲

 

③鋼矢板引き抜きにより空洞が生る。

 

④空洞により周辺地盤の沈下

 

 

鋼矢板を機に抜く際の注意事項

 

①鋼矢板を型枠としてするため、構造物との離れを100㎜程度で打設した場合、構造物ができた後、構造物が支障となり鋼矢板のつかみ代が取れない場合があります

施工計画段階から引き抜き手順を計画しておきましょう。

 

②引き抜く際にクレーン等の重機が必要となります。

作業半径を考え、重機を配置するため、構造物周辺の埋め戻しや構造物の補強をして、重機の配置を計画する必要があります。

 

③鋼矢板を型枠として使用した場合、セパレーターを溶接している場合があるので、セパレーターの種類の選定が事前に必要となります。

 

④引き抜きの際に構造物、地下埋設物、架空線等を損傷させないように十分注意して施工しなければなりません。

 

⑤撤去後の空洞の充填はまとめて行わず、1本ごとていねいに行います

 

⑥埋め戻しは粘土分の少ない川砂やセメントミルクなとを充填します。砂を使用する場合は水締めを行います。

 

↓↓セメントミルクの配合の例

 


 

今日は鋼矢板を引き抜くときの注意点についてのお話でした。

 

鋼矢板工法についての記事はこちら

質問がある場合は気軽にコメント欄に記入をお願います。

できる範囲で回答しようと思います。

それではまた。

 

鋼矢板の腐食はどのくらい進行するの?

こんにちは大野です。

今日は鋼矢板の腐食に関するお話です。

鋼矢板の腐食代は使用する場所、条件によって異なりますが、条件の違いにより各基準が定められています。

港湾・土中・水中の3つについて、説明していきたいと思います。

 

港湾および河川における鋼矢板の腐食速度

 

港湾関係

港湾の施設の技術上の基準・同解説(平成元年2月) 日本港湾協会

H.W.L(高水位)からの距離で腐食速度が決まっています。

 

河川関係

建設省事務連絡(昭和54年4月10日)

表裏合わせて2㎜ただし特に腐食が著しいと判断される場合は現地に適合した腐食代を見込む

 

災害復旧の設計要領

一級河川 裏表合わせて2㎜

 

 

土中における鋼矢板の腐食速度

 

土中の腐食速度は最初は大きいが、次第に減少していき、ほぼ2年以上になると腐食速度は一定値を保つようになる。

鋼材メーカーの技術資料(1975年 住友金属工業)より引用

 

 

水中での鋼矢板の腐食速度

淡水中では水表面以外ではほとんど腐食は進行せずに、大気中の腐食よりも小さい。

鋼材メーカーの技術資料(1975年 住友金属工業)より引用

 

 

海水中の鋼矢板の腐食速度

海水中の腐食は、塩分の成分、潮流、波浪などに大きく影響されます。

港湾構造物設計基準によると

H.W.L以上 0.3mm/年

H.W.L~海底間 0.2mm/年

海底泥層中 0.05mm/年

上記の港湾の施設の技術上の基準とほぼ同じ値です。

 

今日は鋼矢板の腐食に関するお話でした。

 

山留に関する質問がある場合は、コメントをお願いします。

できる範囲で回答しようと思っています。

 

それではまた。

 

 

 

重仮設の製品とリース可能サイズ・長さとは

こんにちは大野です。

今日は重仮設の材料についてのお話です。

重仮設と呼ばれるものは

①鋼矢板

②H形鋼

③敷鉄板

④山留材

⑤覆工板

⑥溝形鋼

⑦山形鋼

以上7品目のことを指します。

 

鋼矢板

↑↑新日鐵住金㈱のカタログより

通常使われる鋼矢板には強度の違いにより

Ⅱw・Ⅲw・Ⅳw型

Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ型

の7種類がある。

この中で重仮設業者の在庫がありリース対応可能なもの

①Ⅱ型 L=4.0m以上

②Ⅲ型 L=5.0m以上

③Ⅳ型 L=8.0m以上

④Ⅴ型 L=9.0m以上

の4サイズと長さになります。

 

H形鋼

 

H形鋼には以下の種類がある

 

広幅系列:ウェブ高さとフランジ幅の比がほぼ等しいもの

 

中幅系列:ウェブとフランジ幅の比がほぼ3:2のもの

 

細幅系列:ウェブとフランジ幅の比がほぼ2:1から3:1のもの

 

H型鋼の強度と重量の関係

同じ強度のH形鋼重量は

細幅 ≦ 中幅 ≦ 広幅

となる。

 

H型鋼のリース可能なサイズ・長さ

H-200x200x8x12    L=4.0m以上​
H-250x250x9x14    L=4.0m以上
H-300x300x10x15  L=5.0m以上
H-350x350x12x19  L=6.0m以上
H-400x400x13x21  L=6.0m以上
H-594x302x14x23  L=7.0m以上​

細幅系列のH形鋼はリース対応はしていません。

 

山留材

山留支保工に​使用する目的で、H型鋼に穴明け、錆止めを塗ったH形鋼でリース可能なもの​。

山留材のリース可能なサイズ・長さ

H-200x200x8x12
H-250x250x9x14
H-300x300x10x15
H-350x350x12x19
H-400x400x13x21
H-500x500x25x25

長さはすべてL=1.0m ~7.0mになります。

 

覆工板

覆工板は仮桟橋、構台に使用する鋼製床版です。

MD-1.0X2.0(長辺方向2m×短辺1m)​MD-1.0X3.0(長辺方向3m×短辺1m)

の2種類ありどちらともリース可能です。​

溝形鋼

桟橋、構台のつなぎ材​、主桁の横継材、桁受などに使用

リース品はありません。

全て売切品となります。

 

山形鋼

主に桟橋、構台のブレス材​などに使用​

リース品はありません。

全て売切品となります。

鉄板

クレーン設置時の養生や場内の搬入路などに使用

リース可能品

5‘x10’​(1524mm×3048mm​)

5‘x20’​(1524mm×6096mm)

以上、重仮設の資材に関するお話でした。​

それではまた。​