自立工法の最大変位は?

こんにちは大野です。

自立工法は支保工がなく掘削工事・鉄筋工事・躯体工事がやりやすくなる工法です。

しかし、支保工を設置しないため、山留壁の変形が大きくなる工法であるため、変位の管理が重要となります。

「変位の最大値はいくつにすればよいか?」というお話をしていきます。

 

土木基準での最大変位

土木山留の基準書「道路土工 仮設構造物指針」に許容変位について明記があります。

「山留壁の頭部変位は、掘削深さの3%を目安にする」

とあります。

具体的には

掘削深さH=2.0m → 許容変位60㎜

掘削深さH=3.0m → 許容変位90㎜

掘削深さH=4.0m → 許容変位120㎜

となります。

 

ただし、既設構造物が隣接している場合は、隣接構造物に与える影響を考慮し変位量を抑制しなければなりません。

 

 

建築基準での最大変位

建築基準の「山留め設計施工指針」では具体的に最大変位を定めていません

山留をする現場の状況により現場ごとに基準を定めなければなりません。

 

しかしながら、建築学会から2015年に

「近接山留めの手引き」が発行されました。

その中に既設構造物が近い場合の変位の基準が記載されています。

構造物までの距離:L

掘削深さ:H

①L/H=1未満の場合

近接構造物が小規模構造物の場合:20㎜以下

近接構造物が木造・S造の場合:20㎜以下

近接構造物がRC造・SRC造の場合:10㎜以下

 

②L/H=1~2未満の場合

近接構造物が小規模構造物の場合:40㎜以下

近接構造物が小規模構造物以外の木造・S造の場合:40㎜以下

近接構造物が小規模構造物以外のRC造・SRC造の場合:20㎜以下

 

※小規模建築物 基礎がRCの直接基礎形式で、地上3階以下、建物の高さ13m以下、軒高9m以下および延べ面積500m2を満足する建物のこと

 

上の基準は

小規模構造物と小規模構造物以外の木造・S造の場合は背面地盤の傾斜角を3/1000以下

小規模構造物以外のRC造・SRC造の場合1/1000以下

となるような山留の変位量から定められています。

 

 

今日は自立工法の最大変位についてのお話でした。

 

それではまた。

 

 

 

計測管理の管理基準値!!

 

こんにちは大野です。

今日は2月4日、積もりそうな勢いで雪が降ってますね。

今回は計測管理の管理基準のお話です。

 

計測管理の目的は工事の安全確保が第一であり、そのためには測定値に対して、計測値に対して安全上の目安となる管理基準値が必要となります。

 

 

設計時の条件や設計計算結果等をもとに、計測値の値がどの数値を過ぎると、危険レベルがどのくらいだと判断できる基準を段階的な管理基準値を設定しておくことが良いでしょう。

 

 

管理基準値の設定とあわせて、計測値に応じた各段階ごとに管理体制や対応策をあらかじめ定めておくことが大切です。

 

 

 

管理基準値の設定

管理基準値の設定と対応策については、特に確立されたものはないが、一例を挙げてみます。

第1次管理基準値・・・許容応力度の80%。要注意信号。
第2次管理基準値・・・許容応力度の100%。対策が必要な危険信号。

許容応力度がない変位などは計算で求められた値を2次管理値とします。

 

↓管理値の一例です。

 

 

管理基準と対応策

計画値と管理基準値との対比および計測値の動き、傾向などにより、工事続行、対応策の検討の必要性、工事一時中止などの判断を下さなければなりません。

 

↓管理基準と対応策の一例です。

 

 

 

計測データーの整理方法

 

計測データを整理する目的は
①計測値と管理基準値の対比
②部分的でなく、全体的な測定値の傾向と分布状況の把握

の2つが大きな目的となるので、グラフや図を用いて、それらが一目瞭然でわかるような整理方法がよい。

 

↓このようなイメージのグラフを作成したらわかりやすいと思います。

 

 

予測管理

山留計算の土質定数は不確定要素が多く、実際の施工と適合しない場合が多いです。

そのため、工事の途中段階での計測結果を使用して逆解析を行います。

 

①逆解析を行うことで、現場に適合した土質定数を予測します。

②解析で同定された定数を用いて次掘削段階から最終段階までの予測解析を行い、予測値を求めます。

③その結果から次掘削段階以降の土留の挙動を把握し、工事に対する安全性を事前に確認してから工事を進めます。

 

この手法を用いることで工事の安全性は格段に上がると思います。

 

 

今日は計測管理の管理基準についてお話しました。

それではまた。

山留の計測機器を使った計測管理

こんにちは大野です。

先日、目視管理についてお話をしましたが、今日は計測機器を使った計測管理についての話です。

 

計測機器を使用した計測は目視点検のみでは、安全を確保できないと考えられる場合に実施します。

 

例えば、軟弱地盤での山留や掘削が10.0mを超えるような計画や近接した場所に構造物がある場合に計画を行います。

 

 計測項目について

計測項目は現場ごとに違いますが、掘削によって起こる山留の諸現象や掘削の規模・設計の条件・近接構造物の有無などを考慮して決定します。

 

山留壁の変形

山留壁については変形を計測します。

 

山留壁の変形計測は頭部の計測と深さ方向の計測も行う場合があります。

計測方法として、杭頭部にピアノ線を設置し変形を計測します。

 

 

深さ方向の計測をする場合は下げ振りを使用して測定します。

 

 

 

山留の中段の変形を観測するには、傾斜計を設置する方法もあります。

傾斜計は山留壁打設前に角鋼管を溶接して、打設します。

 

 

鋼管の中に傾斜計を通すことで山留壁の変位を計測することができます。

傾斜計はこのような機械です。

 

 

山留支保工の計測

山留支保工の計測には切梁に土圧計を設置します。

一般的な土圧計は油圧ジャッキに付属しているものが多いです。

 

 

 

計測位置

 

計測位置は、その計測目的に合った個所を選ぶ必要があります。

目的にもよりますが、一般的に次のような点に注意して選びます。

①安全上重要だと思われる場所
②一般的な場所
③掘削を先行する箇所
④近接して重要構造物がある箇所
⑤施工に対して計測作業が支障しない場所

このような箇所を選びましょう。

 

 

計器の選定

計器に用いる計器を選ぶにあたり次のようなことに注意せて選んでください。
①耐久性、防塵性、衝撃性に優れている。
②取り扱いが簡単である。
③読み取りが簡単にできる。
④計測性能に安定性がある。

現場に設置するので、すぐに値を読み取れて、壊れない丈夫なものを選ぶのが基本です。
専用の計測機はそのように作られているものがほとんどです。

 

山留支保工や地盤の挙動は、なかなか設計通りに挙動しないことが多いために、施工中の計測は工事を安全に終わらせるためと、自分自身の経験値を上げる意味合いでは設置したほうがいいと思います。

 

今日は計測機器による計測についてのお話でした。

 

それではまた

山留の目視点検!!

こんにちは大野です。

 

今日は土留めの計測管理の中の目視点検について話したいと思います。

 

目視点検の重要性について 

市街地において掘削土留め工事を行う場合、掘削の影響で民家や埋設物に被害を与える場合があります。

そのため、工事を行う際は計測管理を行い、近接構造物に注意して施工を行う必要があります。

目視点検をすることで、変化に気づきやすいため、全体的な挙動を概括的にとらえ、トラブルの早期発見をすることができる。

目視点検による早期発見が工事のトラブル回避につながるため、日常点検として実施したほうがいいでしょう。

 

目視点検の点検項目について

 


①周辺地盤の点検

アスファルトの亀裂や周辺地盤のクラックは埋設物や近接建物への影響を発見するために重要です。

背面地盤にクラックが入った写真です。

目視点検をしていればクラックが入ったらすぐ気づけると思います。

 

 

②掘削底面の点検

山留壁周辺や杭周辺の湧水を点検することはボイリングなどの現象を早期発見するために実施します。

ボイリングのイメージ図です。

 

山留・掘削工事で一番怖いのが、水ですね。

目視点検で早期発見できれば被害も最小になります。

 

 

 

③山留壁の変形

山留壁の変形や山留壁のクラックを点検することは、周辺地盤への影響を早期に発見する上で重要である。

 

 

④山留支保工の変形

山留支保工への土圧の加わり具合を把握するため、切梁、腹起しの継手ボルトの緩み、部材間の隙間等を点検する。

また、山留壁と山留支保工の間の間詰め材が適切に設定されているか、緩み等を点検する。

ここまで変形する前に対策をしたいですね。

 

目視点検は特に時間をかける必要はなくポイントさえ押さえていれば、日常的な見回りの中で行えます。意識してみる項目を設定しましょう。

 

今日は目視点検のお話でした。

 

それではまた。