ディープウェルとウェルポイントの日常点検として何が必要か?

こんにちは!!大野です。

ディープウェルとウェルポイントの日常点検についてのお話です。

 

掘削中にディープウェルやウェルポイントが止まると、地下水位が回復しますので、掘削した箇所は水没しています。

 

バックホウなどの建設機械が水没すると、多額の修理費がかかってしまします。

そのため、日常点検が重要になります。

 

ディープウェルウェルポイントの日常点検について説明します。

 

ディープウェルの日常点検

 

ディープウェルの日常点検と保守は下のようなものがあります。

 

  1. ディープウェル、観測井戸内部の水位を計測します。
  2. ディープウェルのケーシング周辺に噴砂が生じていないか、目視による点検をします。
  3. 渇水量に急激な変化がないか、渇水した地下水中に多量の砂が出てないかをノッチタンクで点検します。
  4. 地下水位の計測記録を取っておきます。
  5. 排水系統と電気系統の点検を行います。停電に備えて、発電機などの予備電源を確保しておくことも重要です。
  6. 水中ポンプが壊れた場合を想定して、予備のポンプをすぐに準備できるようにしておきます。

 

ウェルポイントの保守点検

 

ウェルポイントの日常点検と保守は下のようなものがあります。

  1. 所定の吸引力が発揮されているか、真空、渇水量に急激な変化がないかチェックします。エアー漏れを確かめ、漏れを確認したらすぐに止めます。
  2. ポンプ系統、ヘッダーライン系列、電気系列の清掃点検を定期的に行います。日々の観測記録をとります。
  3. 各ポンプは基本的に24時間運転であることに注意し、停電時に備えて予備電源を確保します。
  4. ポンプ類の給油は定期的に行います。
  5. 冷却水の管理を確実に行います。

 

↓↓ウェルポイントの構造

 

今日はディープウェルとウェルポイントの日常点検についてのお話でした。

どれではまた。

 

 

 

山留工事の補助工法!!

こんにちは大野です。

 

今日は山留工事と施工されることが多い補助工法についてのお話です。

 

地盤の強度を増加させる目的の補助工法もありますが、圧倒的に多いのは止水などの地下水対策の目的の補助工法になります。

 

その中でも代表的な薬液注入地下水位低下工法について説明していきます。

 

 

 

薬液注入工法

 

薬液注入工法は薬液を地盤に注入することで、地盤の止水性や強度の増加をはかる工法です。

 

 

薬液注入工法の目的は、地盤の止水性の増加・地盤変状の防止・地盤の強度の増加があげられる。

 

施工計画上の留意点

①目的や使用地盤により注入材・注入工法が異なるため、対象地盤に適合した薬液注入計画が必要になります。

②本施工に先立ち注入し試験を行い、注入効果の確認を行ったほうが良い。

③注入圧による地盤の隆起や構造物への影響・埋設管への影響が生じることがあるので、管の強度・老朽度を考慮して、注入圧・量を計画する。

③構造物の変状、地下水の品質を定期的に測定し、異常が生じた場合の注入を中止する基準値・対策・緊急連絡体制を計画しておく必要があります。

 

施工上の留意点

①注入量と注入圧力に注意して、所要の注入効果が得られるように施工する。

②地表面や構造物の変状、地下水位を計測し、異常が認められた場合は、ただちに注入を中止し、その原因を調査し、対策を立てなければなりません。

 

 

 

 

地下水位低下工法

 

地下水位の低下によって、水圧の低減を図る工法である。

地盤を削孔し、パイプを挿入、地下水位を集め水中ポンプで排水するディープウェル工法などがあります。

 

 

施工計画上の留意点

①ディープウェル工法は比較的透水性の良い砂礫や礫層に適用が可能である。

②地下水位低下に伴う周辺地盤の沈下および、地下水利用者への影響について検討があり、必要に応じてリチャージ工法を計画する。

③くみ上げた水の放流方法を、水質・排水施設などについて計画する。

④山留壁の内側に配置する場合は、支保工の配置や本体構造物を考慮して、設置位置を選定する必要がある。

⑤ディープウェルが構造物の底盤と干渉する場合は井戸管と構造物を完全に密着させそこからの漏水を完全に防止する対策が必要である。

 

設置上の留意点

①渇水によって砂分を排出しないことが重要であるため、削孔の工法、スクリーンの深さ、長さ、開口率、フィルタ材料の選定と重点方法を十分計画しなければなりません。

 

今日は山留に使用する補助工法についてのお話でした。

 

それではまた!!