アンカーと隣接構造物の離れはどの程度必要か?

こんにちは。大野です。

アンカーと隣接構造物の離れはどの程度必要かというお話です。

 

隣接構造物の基礎との離れ

 

都市部では隣接構造物に杭基礎が設置されている場合があり、それらの杭周にアンカーを計画しなければならない場合もあります。

 

地盤アンカー計画時には、事前調査による隣接構造物の調査が必要となります。

 

①既設杭の打設位置の確認

②既設杭の種類

③既設杭の杭径

などを調査します。

 

施工時にはアンカー打設位置の正確な位置出し、削孔角度、方向の入念な管理が必要となり、既存杭との干渉を防ぐ必要があります。

 

既設杭との離れについては本設地盤アンカーと杭を作用した場合の配置計画が参考になります。

杭先端から定着体上端までの離れは工法により異なるため、通常杭径かつ1~4m以上の離隔が必要とされてます。

 

基礎・地下構造物とアンカーとの離れは水平距離で3.0m以上とされています。

 

 

 

振動・騒音の影響を考慮した離れ

 

地盤アンカーを施工する場合、地盤を削孔するときの騒音、振動が問題になります。

特にパーカッション式の削孔機械を使用した場合、地上の削孔機自体と削孔機先端のビット部からかなり大きな振動・騒音が発生します。

これらの騒音、振動は市街地では建設公害として取られることもあり、独自の規制条例を設定している地自体もあります。

 

隣接構造物との離れについて特別な決まりはありませんが、施工前に近隣の環境影響調査を実施し、影響程度把握しておく必要があります。

 

さらに調査結果をふまえ各種公害防止計画を立案し、施工計画をたてます。

特に精密機械工場、学校、病院等が隣接する場合、特に厳しい規制値を要求される場合もあり、隣接構造物の管理者との事前協議により許容値を設定しておく必要があります。

 


今日はアンカーと隣接構造物の離れはどの程度必要かというお話です。

 

アンカーについての記事はこちら

 

記事に関する質問、意見がある場合はコメントまでお願いします。

 

できる範囲でお答えしようと思います。

 

それではまた。

 

 

山留支保工の切梁を撤去時の注意点は?

こんにちは。大野です。

今日は山留支保工の切梁を撤去時の注意点についてのお話です。

山留支保工の撤去は、山留支保工全体の安定性と構造物の品質に影響を及ぼさないように行い、必要に応じて盛替え梁の設置を行います。

 

腹起や切梁の盛替えおよび撤去時の注意点

 

腹起や切梁を撤去すると、側圧が作用していた山留壁が変位して背面の地盤をゆるめて周辺地盤の沈下や隣接する構造物に影響を与えることがあります。

切梁を撤去すると他段の切梁や山留壁の応力が増加します。

撤去時は、切梁の軸力や山留壁の変位等の計測を注意して行う必要があります。

山留壁が片持ち梁になる1段目支保工の撤去時には、変位が大きくなるので注意をしましょう。

 

盛替え梁の設置

 

盛替え梁を設置して腹起や切梁を撤去すると、今まで切梁などで負担していた側圧を構造物に負担させることになります。

そのため、構造物の強度と盛替え材の剛性の確保が必要となります。

 

山留壁と地下構造物のすき間をあけて山留壁を施工した場合は、切梁撤去前に躯体や梁やスラブ部に盛替え材としてコンクリートや丸太を取り付けます

良質な土で埋め戻したのちに切梁等を撤去します。

山留壁を構造物の外枠とする場合は、盛替え梁や埋め戻しは不要となります。

 

 

盛替え梁の種類

 

地階の階高が高く構造物に損傷を与えるおそれがある場合や、撤去対象切梁の上段に位置する切梁の耐力が不足する場合は、仮切梁で盛替えの処理を行ったり、立ち上げた外壁を補強したりします

山留壁の変位を小さく抑え構造物に損傷を与えない様な対策をする必要があります。

 

↓↓山留壁の補強として水平切梁を設置

 

↓↓山留壁の補強として斜梁を設置

 

↓↓構造物の補強として外壁を補強

 


今日は山留支保工の切梁を撤去時の注意点に関するお話でした。

 

記事に関する意見や質問がある場合はコメントまでお願いします。

 

それではまた。

 

 

 

山留にアイランド工法を採用した場合の地下工事の進め方

こんにちは。大野です。

今日は山留にアイランド工法を採用した場合の地下工事の進め方についてのお話です。

 

アイランド工法の地下工事の進め方の特徴

アイランド工法を採用する場合は、切梁材料の少なさによる施工面の利点があります。

しかしながら、切梁が斜に設置されることにより掘削の難しさくなるという短所があります。

中央部に作業の支障となる切梁がない利点を生かし、切梁下の掘削の難しさなどの短所を補う方法で地下工事を進めなければなりません。

 

水平切梁工法が1段の切梁をすべてかけ終わらないと構造物を作れないのに対して、アイランド工法は各切梁が独立して設置し、地下工事を進めることが可能になります

水平切梁工法では、腹起や切梁組立て作業を行っているときは、他の作業は中止するか、進捗速度が遅くなるのに対し、アイランド工法は各作業を進めることができます

 

工区分け

アイランド工法を円滑に進めるためには、①~②に注意し、施工計画を行います。

①工区分けを行い、各作業がA工区から順次B、C、Dの各工区へと進むように工程を組みます。

②先行作業が終わった工区は、あと工事に入れるようにします。

③外周に残った土の掘削作業が支障なく行われるようにします。

 

長方形の掘削形状では、一方から順次同規模の工区に分け、各作業が流れで進められるようにします。

正方形に近い状態の掘削では下図のような工区分けに分けます。

 

各作業がA工区で始まり、A、B、C、Dの順にまわるような形で工事を進めます。

 

施工順序の例

 

アイランド工法の施工手順の例を下に示します。

平面的に大きく掘削する現場でないと、上の図のような手順ができません。

アイランド工法は大規模な掘削の現場に適した工法です。

 


今日は山留にアイランド工法を採用した場合の地下工事の進め方についてのお話でした。

 

山留支保工に関する記事はこちら

 

記事に関する意見、質問がある場合はコメント欄までお願いします。

できる範囲でお答えしようと思っています。

それではまた。

 

 

山留のグランドアンカーとは

こんにちは。大野です。

今日は山留のグランドアンカーについてのお話です。

1.グランドアンカー工法とは

2.グランドアンカー工法のメリット

3.グランドアンカー工法のデメリット

4.グランドアンカー工法を採用する現場

の順に話をしていきます。

 

グランドアンカー工法とは

 

掘削の進行とともにグランドアンカーを地盤に打設することで、山留壁を支える工法です。

 

 

グランドアンカー工法のメリット

 

①切梁など支障になるものがないので、地下工事の掘削・鉄筋・コンクリートの作業効率よく進めることができます

敷地に高低差があっても、不整形な平面の掘削でも採用できます。

 

 

グランドアンカー工法のデメリット

 

①アンカーを定着させる良質な定着層が必要である。

②グランドアンカーの施工費が高い。

③掘削周辺にアンカーの打設が可能な敷地が必要である。

④掘削周辺に既設構造物およびその基礎、地下埋設物があると、アンカーの施工の障害となり、適用は困難となる。

⑤土留めの終了後、アンカーを地中に残置した場合、将来障害になるなどの問題が発生する。

 

グランドアンカー工法を採用する現場

グランドアンカーは施工費が高くなります、切梁がなくなるので、地下工事の効率が良くなります。

山留壁が直線的の場合は支保工が設置できないので、有効な工法です。

また、平面形状が広く、切梁が長く長すぎるといった現場にも有効な工法となります。

 


今日はグランドアンカーに関するお話でした。

山留支保工に関する記事はこちら

 

記事に関する質問や意見がある場合はコメント欄までお願いします。

できる範囲で回答しようと思っています。

それではまた。

 

 

山留支保工のアイランド工法とは

こんにちは。大野です。

今日はアイランド工法についてのお話です。

1.アイランド工法とは

2.アイランド工法のメリット

3.アイランド工法のデメリット

4.アイランド工法を採用する現場

の順に話をしていきます。

 

アイランド工法とは

 

山留壁の内側に斜面を残して掘削を進め、先行掘削した中央部の構造物をつくり、そこから山留壁に向けて切梁を設置し、周辺に残した土を掘削し、構造物を構築する方法です。

中央部に島のような部分を先行施工するので、アイランド工法と名づけられました。

 

 

アイランド工法のメリット

 

①水平切梁工法に比べて、切梁の材料費、施工費が安くなります。

先行施工部は切梁がなくなるので、掘削・鉄筋・コンクリート工事の効率がよくなる。

③切梁の長さが短くなるので、接合の数も少ないので、切梁の緩みによる影響が少なくなる。

 

アイランド工法のデメリット

山留壁周辺の施工が中央の躯体と山留壁に囲まれた狭い空間での施工になり、切梁がある中での作業となるので、作業効率が低下します。

②掘削深さが深い場合は中央先行部の範囲が狭くなり、利点が少なくなります。

③地下構造物が分割施工となり、工期が長くなる。

 

アイランド工法を選択する現場

 

アイランド工法は掘削面積が広ければ広いほど、利点がいかされることになります。

しかしながら、地下構造物の施工順序が制限され、工期が長くなるため採用されるケースはあまり多くありません。

アイランド工法の実績より多く採用されているのが、控え杭工法です。

控え杭工法は構造物の代わりに、切梁を受ける控え杭を打設し、杭に切梁を付けて施工します。

躯体工事の分割が少なくなるので、アイランド工法よりは採用する現場が多くなっています。

 

アイランド工法は構造物の解体工事に採用される場合が多いです。

解体工事で中央の構造物から切梁を設置して、山留壁側の解体を行う手順で行います。

新設工事よりは、解体工事で採用される場合が多いと思います。

 


今日はアイランド工法についてのお話でした。

 

山留支保工に関する記事はこちら

 

記事に関する意見や質問がある場合はコメント欄までお願いします。

できる範囲で回答しようと思っています。

それではまた。

土留め支保工の取付部材の詳細

こんにちは。大野です。

今日は山留支保工の部材取り付け時の留意点についてのお話です。

 

切梁と腹起しの交差部

腹起と切梁が交差する部分は、腹起が局部的に変形しないように補強をする場合があります。

切梁に油圧ジャッキを配置してプレロード工法を採用する場合は腹起の補強を行いましょう。

図のような補強方法がありますが、モルタルまたはコンクリートを入れる方法と既製品スチフナーを入れる方法はあまり用いられていません。

スチフナープレートかスチフナージャッキを取り付ける方法が一般的な方法となります。

 

切梁と切梁の交差部

切梁と切梁の交差部は、相互に緊結して、変形を防止する必要があります。

Uボルトやアングルと長ボルトなどを使用して緊結します

 

腹起と切梁が斜交する場合

腹起しと切梁が斜交する場合は、結合部にすべりが生じます。

図のような自在火打ち受けピースを用いて腹起と切梁を固定します

切梁と自在火打ち受け端部に三角形のすき間ができます。

そのすき間は、コンクリートを充てんして、切梁の軸力が円滑に伝わるようにします。

 

腹起に滑り止めが必要な場合

腹起が山留壁に固定される場合は問題ありませんが、腹起と山留壁面に滑りが生じる場合があります。

このような場合は、腹起と山留壁を図のように固定します。

 


今日は土留め支保工の取付部材の詳細のお話でした。

腹起しのすべりの記事はこちら

 

ご意見・質問がある方はコメント欄までお願いします。

できる範囲でお答えしようと思います。

それではまた。

 

山留に使用するボルト

こんにちは。大野です。

今日は山留支保工に使用するボルトについてのお話です。

1.山留支保工に使用するボルトの種類

2.ボルトの使用箇所

3.ボルトの耐力

4.ボルトの施工中の管理方法

について書いていきたいと思います。

 

山留支保工に使用するボルトの種類

 

山留支保工に使用するボルトは以下の2種類あります。

①普通(六角)ボルト

 

②摩擦接合用高力六角ボルト(ハイテンションボルト)

 

①・②の違いは強度ので

①普通(六角)ボルト ≦ ②摩擦接合用高力六角ボルト(ハイテンションボルト)

となります。

値段も①≦②となります。

 

 

ボルトの使用箇所

 

山留支保工は山留材をボルトで結合して組み立てます。

普通ボルトだけで結合する場合と普通ボルトとハイテンションボルトを組み合わせて組み立てる場合があります。

2種類のボルトがあるとどこに使うかわかりにくいですが、基本的な考えはせん断力のかかるところにハイテンションボルトを使用します。

せん断力のかかる部品は、隅部ピースと火打ち受けピースを取り付ける箇所にハイテンションボルトを使用します

 

↓↓火打ち受けピース

↓↓隅部ピース

 

ボルトの耐力

1本あたりのボルトの耐力は建築と土木で使用する場合で違ってきます。

 

M22のボルト1本あたりのせん断耐力R

建築基準

普通ボルト R= 4.2t
ハイテンボルト  R=8.4 t

 

土木基準

普通ボルト  R = 4.1t
ハイテンボルト R= 10.8t

 

概略計画や現場でざっとあたりを付ける場合はボルトの耐力は

普通ボルト   1本で 4 t
ハイテンボルト 1 本で 8 t

とおぼえておきましょう。

 

ボルトの施工中の管理方法

ボルトの管理法はどのくらいの力で締め付けるかというトルクによる管理方法を行います。

普通ボルト 270kN・m

ハイテンションボルト 657kN・m

でトルクレンチという締め付け機を使用して管理をします。

 

山留支保工に使用するハイテンションボルトは摩擦接合でなく、支圧接合という接合方法の考え方になります。

ハイテンションボルトを支圧接合で使用するのは山留支保工のみでの考え方なので、管理方法の文献がありません。

管理方法を求められる場合は上記のトルクによる管理を行うのが良いと思います。

 


今日は山留支保工に使用するボルトについてのお話でした。

 

山留支保工に関する記事はこちら

質問がある場合は気軽にコメント欄に記入をお願います。

 

できる範囲で回答しようと思います。

 

それではまた。

山留支保工の最小部材や山留壁の最低根入れ

こんにちは。大野です。

今日は山留支保工の最小サイズと山留壁の最低根入れについてのお話です。

 

山留支保工の最小サイズ

 

山留支保工の最小サイズにについては「建設工事公衆防止対策要網(土木工事編)」に記載があります。

 

腹起:重要な仮設構造物にあたってはH300×300を最小サイズとする。

切梁:同上

火打:同上

 

ここに書いてある重要な仮設構造物がどうゆうものかあいまいな表現ですが、市街地や繁華街での工事での基準だと考えていいでしょう。

山留支保工のH300×300以下のサイズはあまり使用されないので、リース会社によっては在庫がないところもあるので、計画の際は確認しましょう。

 

山留壁の最小部材

山留壁の最上部材についても建設工事公衆防止対策要網(土木工事編)」に記載があります。

 

鋼矢板:重要な仮設工事に用いる鋼矢板はⅢ型以上を標準とする。

親杭:重要な仮設工事にあってはH300×300を最小部材とする。

横矢板:重要な仮設工事にあっては最小厚は3㎝とし、その両端が4㎝以上山留杭のフランジにかかる長さを有するものとする。ただし板厚が4㎝を超えるときには板厚以上の長さがフランジにかかるようにする。

 

↓↓木材の許容応力度

木材は種類によって強度が違います。

計算書で木材の許容応力度が載っているので、種類を確認しましょう。

 

 

山留壁の最小根入れ

杭、鋼矢板等の根入れ長は、安定計算、支持力の計算、ボイリングの計算により決定します。

重要な仮設工事においては下のように最低根入れがきまっています。

親杭:1.5m

鋼矢板:1.5m

 


今日は山留支保工の最小部材や山留壁の最低根入れについてのお話でした。

山留支保工についてはこちら
質問がある場合は気軽にコメント欄に記入をお願います。

できる範囲で回答しようと思います。

それではまた。

 

 

スルーサーBとは

こんにちは。大野です。

今日はスルーサーBについての紹介です。

 

スルーサーBとは

 

橋脚工事の地面から下の部分を築造するために、土留め支保工をする場合があります。

土留め支保工に切梁式支保工を採用すると、切梁が鉄筋と干渉して、橋脚の築造の支障になる場合があります。

スルーサーBは鉄筋と干渉する切梁を空洞の部材を使用することで、鉄筋との干渉を回避する工法です。

 

 

詳しくはメーカーのホームページを見てください。

 

スルーサーBを使用した感想

 

通常の現場だと、切梁下で構造物の構築を止めて、コンクリートを打設後、埋め戻しをして切梁解体、それからまた構造物を作る手順で作業をします。

掘削深さが深いと切梁段数が多くなると、工程が長くなります。

このような現場で切梁に採用するとかなり、工程の短縮に有効だと思います。

 

実際にスルーサーBの計画をして、切梁材の強度よりも、スルーサーBの強度が小さいので、スルーサーに合わせて切梁をサイズアップする必要があったがありましたので、スルーサーBに合わせて支保工のサイズは計画しましょう。


 

今日はスルーサーBについてのお話でした。

山留支保工についてはこちらから

 

質問がある場合は気軽にコメント欄に記入をお願います。
できる範囲で回答しようと思います。
それではまた。

 

切梁受け金具 スルーサーの紹介

こんにちは。大野です。

今日は切梁に受け金具のスルーサーAについての紹介です。

スルーサーはAとBという製品がありますが、今日はAの商品についての紹介です。

 

スルーサーAとは?

スルーサーAとは既設橋脚の耐震補強工事を行うときに、切梁が補強鉄筋と干渉することのないように称する空洞がある金具です。

切梁と既設橋脚に設置することで、巻き立て途中の切梁の盛り替え作業を不要とすることができます

 

↓↓スーサーA設置状況

 

橋脚の耐震補強とは?

我が国の道路橋の耐震設計は、1964年 の新潟地震、1978年の宮城県沖地震及び 1995年の兵庫県南部地震等を機会として、 更新さされてきました。

大きく変わった点として、昭和55年の道 路橋示方書より前と以降における鉄筋コンクリート 橋脚の鉄筋の配置が変更になりました。

 

↓↓変更になった鉄筋配置

 

兵庫県南部地震で、昭和55年の道路橋示方書よりも古い基準を適用した橋梁において、 鉄筋コンクリート橋脚の破壊、倒壊による落橋、鋼製橋脚の溶接部の破断による落橋といった大きな被害を受けた事例が見られまし た。

しかし、昭和55年の道路橋示方書以降の基準を適用した橋梁においては、落橋した事 例は1件のみでした。

このため、昭和55年の道路橋示 方書より古い基準を適用した橋梁に対して、耐震対策が進められています。

 

↓↓橋脚の耐震補強の施工事例

 

スルーサーAの仕様

↓↓スルーサーAの仕様

切梁のサイズと巻き立て厚毎に製品があります。

 

スルーサーAを使用した感想

切梁の配置をあまり考えずに配置できるので良い商品だと思います。

重量がありますので、設置時にクレーンはあったほうが良いです。

撤去時にコンクリートの表面補修をするので、スルーサーを設置した部分のみコンクリートの色が変わります。

橋脚耐震補強をする場合に切梁を設置しなければならないなら、採用したほうがいい商品だと思います。

 


今日はスルーサーAについてのお話でした。

山留支保工についてはこちらから

質問がある場合は気軽にコメント欄に記入をお願います。

できる範囲で回答しようと思います。

それではまた。