鋼矢板の種類と型の違い

 

こんにちは大野です。

 

今日は鋼矢板の規格といろいろな鋼矢板がありますがリース可能な鋼矢板はなにがあるの?・・・という疑問がある人いると思いますのでこれについて話していこうと思います。

 

鋼矢板の種類

鋼矢板には最も種類が多いU型の他、直線型の断面を有するものがあります。

 

↓↓鋼矢板の形状

※Wが有効幅です。

 

 

普通鋼矢板

 

通常、仮設で使用される鋼矢板は普通鋼矢板で有効幅が400㎜と500㎜のものです。

下の性能法の形式Ⅱ型・Ⅲ型・Ⅳ型が有効幅400㎜でⅤ型が500㎜の鋼矢板です。

 

↓↓鋼矢板の性能表

 

形式は分かれているのは、鋼矢板の強度の違いで、

Ⅱ型 ≦ Ⅲ型 ≦ Ⅳ型 ≦ Ⅴ型と形式が大きくなるほど鋼矢板の強度が大きくなります。

強度が大きくなるにつれて有効高さも高くなります。

仮設の土留めに使用されるのは、リース可能なため、施工完了後引き抜けば再利用が可能なため、材料を買うよりも安く施工ができます。

 

 

幅広鋼矢板

幅広鋼矢板は有効幅が600㎜のもので強度によってⅡw・Ⅲw・Ⅳwの3

種類があります。

河川の護岸工事や海岸工事に主に使用されています。

 

↓↓鋼矢板の性能表

 

 

幅広鋼矢板はリース品がないので売切り品となるので、仮設にはほとんど使用されませんが、埋め殺しの部分に使用したりします。

 

ただし、バイブロによる施工ではよいですが、サイレントパイラーによる施工をする場合は普通鋼矢板と幅広鋼矢板は同じ施工機械では施工できませんので、注意してください。

 

 

鋼矢板の強度の見分け方

 

鋼矢板の強度は壁1.0m当たりの「断面二次モーメント」「断面係数」の数値が大きいものが強度が大きくなります。

下の性能表によると強度は

Ⅱ型 ≦ Ⅱw ≦ Ⅲ型 ≦ Ⅲw ≦ Ⅳ型 ≦ Ⅳw ≦ Ⅴ型

となります。

 

 

リース可能な鋼矢板

 

重仮設のリース会社が保有している一般的な長さです。

Ⅱ型:4~8m

Ⅲ型:5m以上

Ⅳ型:8m以上

Ⅴ型:9m以上

 

最大長さは溶接してつなぐことが可能なので、運搬が可能な長さで決まってきます。

トレーラーが入ることが可能な現場であるか、運搬経路に大型車通行禁止の場所はないかなどで決まります。

短い鋼矢板しか運搬不可能な現場では、現場で継溶接を行います。

 

Ⅱ型は地域性もありますが、保有している会社はかなり少ないので、リース会社に問い合わせをしてから計画をしたほうがいいです。

 

Ⅴ型はリース品を保有しているのは関西と関東ぐらいで、地方で保有している会社はほとんどありません。

関西・関東から運搬すればリース可能となりますが、地域によっては運賃が割高となってしまいます。

 

 

今日は鋼矢板のについてのお話でした。

 

それではまた。

 

 

 

 

 

 

 

親杭横矢板工法の施工と管理

こんにちは大野です。

 

今日は先日の寒さが噓のように、温かくなりました。

気温差が大きので体調管理には気を付けていこうと思います。

 

今日は親杭の施工方法についてと注意点についてのお話です。

 

親杭の施工方法

 

親杭の施工方法には振動工法、プレボーリング工法、などがあり、地盤条件、工事規模、施工条件、敷地条件、周辺環境に適合した工法を選定する必要があります。

 

振動工法

 

バイブロハンマーで親杭を打ち込む工法です。

振動が発生するため、近隣に民家等がある場合は使用が制限されます。

バイブロハンマーは電動式油圧式の2種類あり、油圧式のほうが振動・騒音は少なくなします。

 

↓↓油圧式のバイブロハンマー

 

↓↓電動式のバイブロハンマー

 

 

プレボーリング工法

 

オーガーにより地盤を掘削したあと、セメントミルクやモルタルを根入れ部に充填し親杭を立て込む工法です。

 

↓↓ラフターオーガーによるプレボーリング工法

 

親杭の変位が大きくなりますが砂で埋め戻す場合や現場発生土で埋め戻す場合があります。

現場発生土が粘性のある土質だと削孔穴にうまく充填できない場合がありますので、その時はコストがかかっても、砂かセメントミルクで埋め戻しましょう。

 

また、地盤を削孔するため、残土が発生します。

残土処分の計画をしておく必要があります。

 

 

 

親杭の施工中に行う位置と鉛直制度管理方法

 

位置の管理方法

親杭の平面的な位置はガイド定規を正確に設置することで行います。

 

↓↓ガイド定規材の例

 

 

鉛直精度の管理

 

バイブロで施工する場合は、バイブロにくわえこんだ親杭の鉛直精度を2方向からトランシット下げ振り水平器で確認してから打設します。

 

所定の深度精度よくまたねじれが生じないように打設します。

 

プレボーリングで打設する場合は、施工機械のリーダーやオーガーの杭中心位置を確認して削孔し、親杭の建て込み時に2方向からトランシットや下げ振りや水平器で確認してから落とし込みます。

 

↓親杭の鉛直精度管理方法

 

 

高さの管理

高さはレベルで確認をします。

 

 

 

親杭の打ち下げの方法

 

通常親杭の天端は地表面より上で打ち止めますが、まれに躯体の施工の支障になったり、後の外構工事の邪魔になったりする場合に経済性や工期を考慮して地位表面より打ち下げる場合があります。

バイブロ工法では溝堀をすることで0.5m程度は打ち下げることができます。

 

 

プレボーリング工法では山形鋼や溝形鋼をヤットコ材として使用すれば4.0m程度は落とし込みは可能です。

しかしながら、落とし込む場合は著しく施工精度が落ちるので、躯体からの離れを十分にとった計画にしておきましょう。

 

 

 

今日は横矢板の施工に関するお話でした。

 

それではまた。

 

 

親杭横矢板の計画!!

こんにちは大野です。

 

今日は親杭横矢板で土留めを計画するときに注意する事のお話です。

 

親杭横矢板工法に適さない地盤条件

 

 

親杭横矢板は、他の山留壁に比べさまざまな設置方法が選択でき、特にかたい地盤には工事費が安くなるためよく採用される工法です。

 

しかし、止水性がない壁となるため、基本的に床付け面より地下水位が低い場合に適した山留壁となります。

 

したがって、地下水位が床付け面より高い砂質地盤では山留壁から出てくる地下水を処理をする必要があります。

ただし、地下水とともに周辺砂質土が流出し背面の地盤沈下の可能性がある場合や近隣井戸などの支障が生じる恐れがある場合は採用は使用しないほうが良い工法です。

 

↓このように床付け面より高い位置に水位がある場合は、親杭横矢板工法は採用できません。

 

 

 

根入れ部が連続していないため根入れ部の受動抵抗が弱いため、軟弱地盤での深い掘削には適しません

 

また、掘削してから親杭を入れるまでの間に崩れてしまうような軟弱なシルト地盤等には適しません。

 

↓こんのような軟弱地盤には親杭横矢板工法は不向きです。

 

 

 

親杭の位置の決め方

 

親杭と地下躯体の離隔は、躯体と敷地境界線との距離、親杭の施工方法親杭の施工精度、親杭の変位、地下躯体と親杭間の埋め戻しの有無を考慮して決める。

 

山留壁を躯体の型枠として利用する場合は、親杭の施工誤差と掘削に伴う変位を考慮して、躯体との隙間を100mm程度開ける必要があります。

 

躯体と敷地境界に余裕がない場合隙間を50mm程度で施工する場合もあるが、施工精度と変位に注意を払う必要があります。

 

構造物に外防水が採用されている場合、構造物と山留壁の間に人が入っての作業や足場を組まなければならないので、隙間を600mm程度の離れを見込む必要があります。

 

 

近接したところに構造物がある場合の親杭の決め方

親杭の設置位置が近接する構造物と近接している場合には、親杭施工可能寸法について検討を行う必要があります。
代表的な施工機械での施工可能寸法です。

 

↓バイブロ工法の一般的な離れ

 

↓パルソニック工法の一般的な離れ

 

↓油圧ハンマー工法の一般的な離れ

 

 

 

 

親杭の根固め配合

 

埋込みにより親杭を施工する場合は、受動抵抗を十分に発揮させるために、杭の根入れ部に根固め液を注入す場合があります。

また、周辺地盤の緩みおよび掘削時の親杭の変形を少なくするために、根固め液を注入する場合があります。

根固め液の配合に関しての文献はありませんが、
実績として親杭を引き抜くときは水セメント比:800%ぐらいを目安に配合しています。

また、引き抜かない場合には水セメント比:400%ぐらいで計画をします。

 

 

 

コーナー部の親杭配置

 

親杭のコーナー部(隅部)の配置は下図のように配置します。

入隅と出隅で配置の方法が違いますが、親杭を45°回転させる場合は、通り芯を外に逃がさないと躯体と干渉してしまいますので、注意が必要です。

 

↓入隅部の配置はこのような配置です。

 

 

↓出隅部の配置はこのような配置です。

 

 

今日は親杭を計画するお話でした。

それではまた!!

 

山留工事の補助工法!!

こんにちは大野です。

 

今日は山留工事と施工されることが多い補助工法についてのお話です。

 

地盤の強度を増加させる目的の補助工法もありますが、圧倒的に多いのは止水などの地下水対策の目的の補助工法になります。

 

その中でも代表的な薬液注入地下水位低下工法について説明していきます。

 

 

 

薬液注入工法

 

薬液注入工法は薬液を地盤に注入することで、地盤の止水性や強度の増加をはかる工法です。

 

 

薬液注入工法の目的は、地盤の止水性の増加・地盤変状の防止・地盤の強度の増加があげられる。

 

施工計画上の留意点

①目的や使用地盤により注入材・注入工法が異なるため、対象地盤に適合した薬液注入計画が必要になります。

②本施工に先立ち注入し試験を行い、注入効果の確認を行ったほうが良い。

③注入圧による地盤の隆起や構造物への影響・埋設管への影響が生じることがあるので、管の強度・老朽度を考慮して、注入圧・量を計画する。

③構造物の変状、地下水の品質を定期的に測定し、異常が生じた場合の注入を中止する基準値・対策・緊急連絡体制を計画しておく必要があります。

 

施工上の留意点

①注入量と注入圧力に注意して、所要の注入効果が得られるように施工する。

②地表面や構造物の変状、地下水位を計測し、異常が認められた場合は、ただちに注入を中止し、その原因を調査し、対策を立てなければなりません。

 

 

 

 

地下水位低下工法

 

地下水位の低下によって、水圧の低減を図る工法である。

地盤を削孔し、パイプを挿入、地下水位を集め水中ポンプで排水するディープウェル工法などがあります。

 

 

施工計画上の留意点

①ディープウェル工法は比較的透水性の良い砂礫や礫層に適用が可能である。

②地下水位低下に伴う周辺地盤の沈下および、地下水利用者への影響について検討があり、必要に応じてリチャージ工法を計画する。

③くみ上げた水の放流方法を、水質・排水施設などについて計画する。

④山留壁の内側に配置する場合は、支保工の配置や本体構造物を考慮して、設置位置を選定する必要がある。

⑤ディープウェルが構造物の底盤と干渉する場合は井戸管と構造物を完全に密着させそこからの漏水を完全に防止する対策が必要である。

 

設置上の留意点

①渇水によって砂分を排出しないことが重要であるため、削孔の工法、スクリーンの深さ、長さ、開口率、フィルタ材料の選定と重点方法を十分計画しなければなりません。

 

今日は山留に使用する補助工法についてのお話でした。

 

それではまた!!

 

 

山留壁の種類!!

こんにちは。大野です。

今日は1月29日 寒いです。
雪が少し降っていました。

明日もまた雪がちらつくらしいです。

 

 

今回は通常の土留め工事で使用する土留め壁の種類について書いていこうと思います。

今回は①親杭横矢板工法・②鋼矢板工法・③ソイルセメント柱列壁についてについて説明します。

この3つの工法は施工実績が多く、一般的に施工される土留壁になります。

 

 

1.親杭横矢板工法

 

 

 

 

H 型鋼の親杭を一定間隔に打設し、掘削と共に木矢板等の横矢板を設置しながら施工していく工法です。

 

メリットとしては

①鋼矢板工法と比較すると施工費・材料費が安くなる

 

デメリットとしては

止水性がないため、湧水がある場合は薬液注入などの補助工法が必要となる。

③横矢板と地盤の間に間隙が生じやすいため、地山の変形が生じやすい

 

 

2.鋼矢板工法

 

 

鋼矢板をかみ合わせながら打設し内部掘削を行う工法である。

メリットとして

止水性が高く、軟弱地盤にも適用可能で、耐久性があり、転用も可能である。

②ソイルセメント柱列壁工法と比較すると剛性が低く、たわみ性の壁であるため、変形が大きくなる

 

デメリットとして


①引抜きに伴う周辺地盤の沈下影響があるため、影響が大きいと判断される場合は残置する必要がある。

 

 

3.ソイルセメント柱列壁

地盤を削孔しながらセメントミルクと土を混合して壁体を形成する工法である。

 

メリットとして


①親杭工法や鋼矢板工法に比べると剛性を高くできるため地盤の変状が問題となる現場に適している。

②振動騒音が少なく、止水性が高い

 

デメリットとして

③セメントミルクの汚泥処理が必要となる。

 

 

今日は山留壁の種類について、簡単に説明しました。

 

それではまた!!