SMWで先行削孔はどのような地盤なのでしょうか?

Pocket





こんにちは。大野です。

今日はSMWで先行削孔はどのような地盤ですかというお話です。

SMWを施工する場合は、削孔時の負荷を低減するために先行削孔を行います。

先行削孔をする地盤の例を下に例を示します。

 

砂礫層を主体とする地盤

 

礫径35㎜~300㎜の範囲を含む層がある場合

全削孔長に対する砂礫層の割合が30%以上の地盤の場合

 

砂層を主体とする地盤

N値50以上の砂礫層が6.5m以上または削孔に対する割合が30%以上ある地盤

全削孔長に対するN値50以上の砂礫の割合が30%以上ある地盤

 

土丹層を主体とする地盤

削孔長が15m以上で土丹層の削孔長が5m以上の地盤

土丹層の一軸圧縮強度が3000~3500(kN/m2)以上の地盤

 

細砂層で粒度均一な層がある地盤

 

N値30程度の細砂層で粒度が均質な層が5m以上ある場合は、削孔時、ベントナイトを増やしても、孔壁の崩壊が多くなり、砂質分が「締まる」ため3軸で削孔不能となりやすくなります。

柱状図のN値は30程度の値を示すため、判断を誤りやすい。

 

大口径削孔で削孔長さが30m以上で、粘土の割合が多い場合

 

砂質土の場合、キリの引抜力(本体機オーガー巻上げ能力)の負荷は少ないが・粘性土でN値が小さい場合、引抜力に負荷がかかる事があります。

この場合は先行削孔を行います。

 


今日はSMWで先行削孔はどのような地盤なのでしょうかというお話でした。

 

SMW壁から漏水した場合の処理方法についてはこちら

 

記事に関する意見や質問はコメントまでお願いします。

できる範囲で回答したいと思っています。

それではまた。

 




Pocket


コメントを残す