鋼矢板のコーナーはどうするの?

Pocket





こんにちは。大野です。

今日は鋼矢板のコーナーはどうするかというお話です。

 

鋼矢板を90°で曲げる場合

 

鋼矢板を90°で曲げる場合は「コーナー鋼矢板」と呼ばれる鋼矢板を使用します。

コーナー鋼矢板は鋼矢板を製造する鉄鋼メーカーで製造されているもので溶接加工がない商品です。

リースにも対応したものがあります。

 

↓↓コーナー鋼矢板

 

特殊コーナー鋼矢板

 

角度が90°以外で曲げる場合のコーナー鋼矢板

曲げ角が90°以外の場合は継手部を一度切断し、曲げたい角度に合わせて継手部を溶接する特殊コーナー鋼矢板を作成します。

1枚の鋼矢板を使って1枚の特殊コーナー鋼矢板を作成します。

↓↓特殊コーナー鋼矢板

この場合は、リース品ではなく、買取品となります。

 

 

T字コーナー鋼矢板

T字コーナー鋼矢板は鋼矢板の延長を合わせたい場合やT字に鋼矢板を打設したい場合に使用されます。

鋼矢板を半分に切断して、切断した鋼矢板を別の鋼矢板に溶接して作成します。

作成には鋼矢板2枚を使用して1枚の鋼矢板を作成します。

↓↓T字コーナー鋼矢板

この場合も、リース品ではなく、買取品となります。


今日は鋼矢板のコーナーはどうするというお話でした。

 

鋼矢板工法に関する記事はこちら

 

記事に関する質問や意見がある場合はコメント欄にお願いします。

できる範囲でお答えしようと思います。

それではまた。




Pocket


コメントを残す