親杭横矢板工法の木矢板はどのようなものをつかう?

Pocket





こんにちは。大野です。

今日は親杭横矢板工法に使用する木矢板についてのお話です。

木材の種類と木材の厚さの決め方についてお話します。

 

木材の種類

どの木材を使用するかは、木材の強度や価格によって決定します。

 

木材の種類による強度

 

あかまつ、くろまつ、からまつを使って計画するのが一般的です。

値段が安いすぎを使う場合もありますが、強度がまつより弱くなるので、厚さが厚くなります。

 

横矢板の厚さの決め方

土留板厚は曲げモーメントに対して次式から求め、せん断力に対しても満足しなければならなりません。ただし、最小板厚は3㎝とします。

厚さは下の公式から決定します。

①曲げによる板厚決定

t:土留め板の板厚(㎜)

b:土留板の深さ方向単位幅(1000㎜)

M:土留板の作用モーメント

l2:土留板の計算スパンで親杭のフランジ間距離(㎜)

W:断面決定用の土圧強度(N/㎜)

 

②せん断力による板厚決定

τ:せん断応力度(N/mm2)

Q:作用せん断力(N)

 t:土留め板の板厚(㎜)

τa:土留板の許容せん断応力度 (N/㎜ 2)

 

①と②のにより使用する板厚を決定します。

 


今日は親杭横矢板工法の木矢板についてのお話でした。

 

親杭横矢板の計画についての記事はこちら

 

記事に関する意見や質問がある場合はコメントにお願いします。

それではまた。

 




Pocket


コメントを残す