鋼矢板の打設時の傾斜はどのように修正するのか?

Pocket





こんにちは大野です。

今日は鋼矢板を打設しているときに、鋼矢板が傾斜する場合があります。

その時にどのように傾斜を修正するかというお話です。

 

鋼矢板の傾斜の原因

鋼矢板は、一般に打ち込み進行方向に傾斜します。

これは図のように、鋼矢板のセクション部の抵抗により、貫入抵抗力が鋼矢板の左右で異なり、打ち込み方向の貫入抵抗が小さいためです。

この傾斜の度合いは軟弱地盤において大きくなります

傾斜を防止するためには、建て込み、打ち込みを慎重に行うことが必要で、もし傾斜が生じたときは早めに修正をすることが大切です。

 

 

鋼矢板の傾斜を修正する方法

 

傾斜の修正方法として次の方法が考えられます。

①すでに建て込んだ鋼矢板の頭部を傾斜反対方向にワイヤーで引っ張ります。

 

②鋼矢板下端を、図のように斜めに切断し、傾斜を修正します。

 

③継手摩擦抵抗を低減させるために、砂が入らないように継ぎ手の先端部に矢板栓の装着を行います。

 

④鋼矢板の傾斜が上下で鋼矢板の1枚分の幅以上になった場合、バチ鋼矢板を用いて修正します。

 

以上のような修正方法が一般的な方法です。

 


今日は鋼矢板の打設時の傾斜はどのように修正するのか?というお話ででした。

 

記事に関する意見や質問がある場合はコメント欄までお願いします。

お答えできる範囲でお答えしようと思います。

それではまた。

 




Pocket


コメントを残す