裏込め材を設置する効果と種類

Pocket





こんにちは。大野です。

今日は裏込め材を設置する効果と種類についてのお話です。

 

 

裏込め材を設置する効果

 

山留壁と腹起材のすき間があると、隙間分の変位が山留壁に生じます。

裏込め材を設置し、隙間を埋めることで、山留壁が受ける土圧を確実に腹起に伝達し変形を抑える効果があります

 

山留壁と腹起のすき間は以下の2つの理由で発生します。

 

①山留壁と腹起のすき間は山留壁の施工誤差により、山留壁面は出入りが生じるために生じます。

②腹起にはジョイントプレートのボルトを設置しなければなりませんから、山留壁と腹起の隙間を開ける必要があります。

 

一般的に、山留壁の出入りの寸法に応じて、山留壁から数㎝離して腹起を設置します。

 

図のように隙間に裏込め材を入れて、山留壁が受ける土圧を確実に腹起に伝達します。

 

裏込めを設置しなかった場合のトラブル

 

掘削にともなう山留壁の変形は、山留計算で計画します。

この計算は切梁位置で山留壁の変形を抑えるという方法での計算を行います。

腹起と山留壁と腹起に隙間があったり、裏込め材を入れてなかったりすると掘削に伴い、腹起しに密着するまで変形します

その結果変形は、計算値より大きくなります。

想定外の変位は周辺地盤の沈下や近接構造物への影響や道路の亀裂、ガス、上下水道などに思わぬ影響が出てしまう場合があります。

そのため、裏込め材は重要な役割をはたします。

 

裏込め材の種類

 

 

↓↓鋼矢板の場合の例

 

 

↓↓ソイルセメント中礫壁の例

 

 

裏込め材は山留壁の変形に伴い抜け落ちないものを使用する必要があります。

木材を使用する場合もありますが、木材は抜け落ちたりするため、注意が必要です。

モルタル・コンクリート・鋼材が使用されています。

 

裏込め材についての記事はこちら


今日は裏込め材を設置する効果と種類についてのお話でした。

 

記事について意見や感想がある場合はコメント欄までお願いします。

できる範囲でお答えしようと思っています。

それではまた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




Pocket


コメントを残す