山留支保工の最小部材や山留壁の最低根入れ

Pocket





こんにちは。大野です。

今日は山留支保工の最小サイズと山留壁の最低根入れについてのお話です。

 

山留支保工の最小サイズ

 

山留支保工の最小サイズにについては「建設工事公衆防止対策要網(土木工事編)」に記載があります。

 

腹起:重要な仮設構造物にあたってはH300×300を最小サイズとする。

切梁:同上

火打:同上

 

ここに書いてある重要な仮設構造物がどうゆうものかあいまいな表現ですが、市街地や繁華街での工事での基準だと考えていいでしょう。

山留支保工のH300×300以下のサイズはあまり使用されないので、リース会社によっては在庫がないところもあるので、計画の際は確認しましょう。

 

山留壁の最小部材

山留壁の最上部材についても建設工事公衆防止対策要網(土木工事編)」に記載があります。

 

鋼矢板:重要な仮設工事に用いる鋼矢板はⅢ型以上を標準とする。

親杭:重要な仮設工事にあってはH300×300を最小部材とする。

横矢板:重要な仮設工事にあっては最小厚は3㎝とし、その両端が4㎝以上山留杭のフランジにかかる長さを有するものとする。ただし板厚が4㎝を超えるときには板厚以上の長さがフランジにかかるようにする。

 

↓↓木材の許容応力度

木材は種類によって強度が違います。

計算書で木材の許容応力度が載っているので、種類を確認しましょう。

 

 

山留壁の最小根入れ

杭、鋼矢板等の根入れ長は、安定計算、支持力の計算、ボイリングの計算により決定します。

重要な仮設工事においては下のように最低根入れがきまっています。

親杭:1.5m

鋼矢板:1.5m

 


今日は山留支保工の最小部材や山留壁の最低根入れについてのお話でした。

山留支保工についてはこちら
質問がある場合は気軽にコメント欄に記入をお願います。

できる範囲で回答しようと思います。

それではまた。

 

 




Pocket


コメントを残す