ヒロセメガビームの紹介

Pocket





こんにちは。大野です。

今日はヒロセ㈱のヒロセメガビームについて紹介していきたいと思います。

 

ヒロセメガビームとは?

山留支保工の腹起専用の部材です。

H-800×400×16×36 L=9.0mのSM490材の高強度材を使用した部材です。

切梁をなくす目的に開発された工法です。

長さは9.0mの1種類となります。

 

↓↓ヒロセメガビームを使用

 

↓↓従来工法

 

ヒロセメガビームを採用するメリット

メーカーHPから引用すると

①在来山留材との組み合わせが可能な。

②切梁が不要になるので、広い作業空間が確保できる。

③仮設切梁受けの中間杭が不要となる。

④掘削や躯体工事効率の向上。

 

 

 

ヒロセメガビームの断面性能

ヒロセメガビームはH-500腹起の2倍程度の強度を有し、接合箇所が少なく作業性に優れた工法です。
材質は通常のH型鋼より高強度の材質を使用しています。

↓↓ヒロセツインビームの断面性能

 

ヒロセメガビームの重量

 

H-800×400×16×36(SM490材) L=9.0m 質量:2,987kg

1部材の重量が重いので、採用する場合はクレーンの作業半径を考えた作業計画立ててから採用しましょう。

50tラフタークレーンで施工を考えると、山留支保工をすべて設置するためには1回クレーンの移動が必要になる場合が多いので、施工ヤードの確保をしておきましょう。

 

詳しくはヒロセ㈱ホームページを見てみてください。

 

ヒロセメガビームは使ったほうがいい?

使えるのであれば使ったほうがいいと思います

ただし、使用して有効な現場は橋脚の山留工事・シールドの立坑工事など、山留壁の形状が四角のシンプルな形状がいいでしょう。

切梁をなくすことができれば、掘削・構造物の工事がやりやすくなるでしょう。

 

詳しい内容は㈱ヒロセのホームページを見てください。

 


 

今日はヒロセツインビームについてのお話でした。

山留支保工についてはこちらから
 

質問がある場合は気軽にコメント欄に記入をお願います。

できる範囲で回答しようと思います。

それではまた。




Pocket


コメントを残す