ヒロセツインビーム工法の紹介

Pocket





こんにちは。大野です。

今日はヒロセツインビームという特殊な山留支保工の紹介をします。

ヒロセツインビームは先日の記事にしたジェコス㈱のEcoラム工法と同様に中間杭をなくす目的で使用されるヒロセ㈱の所有する切梁専用の山留支保工です。

 

 

ヒロセツインビームとは?

H-390×300×10×16を2本溶接して、合わせた切梁専用の支保工材です。

中間杭の施工費・材料費を削減することを目的とした山留支保工です。

↓↓ヒロセツインビーム工法使用

↓↓従来工法

 

ヒロセツインビームを採用するメリット

メーカーHPから引用すると

①躯体品質向上・・・中間杭がなくなるので、構造物内に中間杭が残らないということです。

②工期短縮・・・中間杭の打設・撤去工事がなくなり工期短縮できます。

③安全性向上・・・中間杭の打設・撤去工事がなくなり安全性が向上するということです。

④経済性の向上・・・中間杭が不要になり工事が安くなります。

メリットはEcoラム工法と同じですね。

 

ヒロセツインビームの断面性能

 

ヒロセツインビームはサイズの大きさは2H390X300X10X16となります。

材質は通常のH型鋼より高強度の材質を使用しています。

 

↓↓ヒロセツインビームの断面性能

 

ヒロセツインビームの重量

ヒロセツインビームは225㎏/mでH400×400より重くH500×500より軽くなります

 

ヒロセツインビームの施工可能スパン

 

切梁にかかる軸力にもよりますが、最大で18.0mまでは中間杭無しで施工が可能のようです。
H500×500で9.0mまでなので、倍くらいのスパンは中間杭が無しでも施工が可能になります


詳しくはヒロセ㈱ホームページを見てみてください。

今日はヒロセツインビームについてのお話でした。

山留支保工についてはこちらから

 

質問がある場合は気軽にコメント欄に記入をお願います。

 

できる範囲で回答しようと思います。

 

それではまた。

 




Pocket


コメントを残す