山留支保工の切梁ジャッキはどのようなもの?

Pocket





こんにちは。大野です。

今日は山留支保工に配置する切梁ジャッキはどのようなものか?

何のために配置するのか?

どこに入れればよいのか?

という疑問に答えていきたいと思います。

 

 

切梁に設置するジャッキはどのようなものか

 

切梁の一部として使用される長さを調節可能な部品で、手動式のキリンジャッキと油圧で加圧できる油圧ジャッキがある。

 

↓↓手動式のキリンジャッキ

手動で長さを調整できる。

 

↓↓油圧式の油圧ジャッキ

油圧にてストロークを調整できる。

積極的にプレロード荷重をかけて土留め壁の変位を抑えることができる。

 

 

切梁ジャッキは何のために配置するのか?

 

ジャッキは、仮設時に切梁の最終寸法調整とともにゆるみをとり、土留壁のたわみを防止するために必要なものです。

また切梁を撤去するときには、切梁に土圧がかかって腹起しと密着状態になるので、撤去作業が困難となることが多いため、あらかじめジャッキを装着しておくと、山留支保工の撤去がスムーズになります。

 

 

切梁ジャッキはどのように配置すればよいのか?

切梁にジャッキを付ける場合、ジャッキは強度が弱いので弱点となる。

そのため、取り付け位置は腹起しあるいは中間杭のそばとし、並べないで千鳥配置とする。

 

今日は切梁のジャッキについてのお話でした。

 

質問がある場合は気軽にコメント欄に記入をお願います。

できる範囲で回答しようと思います。

 

それではまた。

 

 

 




Pocket


コメントを残す