重仮設の製品とリース可能サイズ・長さとは

Pocket





こんにちは大野です。

今日は重仮設の材料についてのお話です。

重仮設と呼ばれるものは

①鋼矢板

②H形鋼

③敷鉄板

④山留材

⑤覆工板

⑥溝形鋼

⑦山形鋼

以上7品目のことを指します。

 

鋼矢板

↑↑新日鐵住金㈱のカタログより

通常使われる鋼矢板には強度の違いにより

Ⅱw・Ⅲw・Ⅳw型

Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ型

の7種類がある。

この中で重仮設業者の在庫がありリース対応可能なもの

①Ⅱ型 L=4.0m以上

②Ⅲ型 L=5.0m以上

③Ⅳ型 L=8.0m以上

④Ⅴ型 L=9.0m以上

の4サイズと長さになります。

 

H形鋼

 

H形鋼には以下の種類がある

 

広幅系列:ウェブ高さとフランジ幅の比がほぼ等しいもの

 

中幅系列:ウェブとフランジ幅の比がほぼ3:2のもの

 

細幅系列:ウェブとフランジ幅の比がほぼ2:1から3:1のもの

 

H型鋼の強度と重量の関係

同じ強度のH形鋼重量は

細幅 ≦ 中幅 ≦ 広幅

となる。

 

H型鋼のリース可能なサイズ・長さ

H-200x200x8x12    L=4.0m以上​
H-250x250x9x14    L=4.0m以上
H-300x300x10x15  L=5.0m以上
H-350x350x12x19  L=6.0m以上
H-400x400x13x21  L=6.0m以上
H-594x302x14x23  L=7.0m以上​

細幅系列のH形鋼はリース対応はしていません。

 

山留材

山留支保工に​使用する目的で、H型鋼に穴明け、錆止めを塗ったH形鋼でリース可能なもの​。

山留材のリース可能なサイズ・長さ

H-200x200x8x12
H-250x250x9x14
H-300x300x10x15
H-350x350x12x19
H-400x400x13x21
H-500x500x25x25

長さはすべてL=1.0m ~7.0mになります。

 

覆工板

覆工板は仮桟橋、構台に使用する鋼製床版です。

MD-1.0X2.0(長辺方向2m×短辺1m)​MD-1.0X3.0(長辺方向3m×短辺1m)

の2種類ありどちらともリース可能です。​

溝形鋼

桟橋、構台のつなぎ材​、主桁の横継材、桁受などに使用

リース品はありません。

全て売切品となります。

 

山形鋼

主に桟橋、構台のブレス材​などに使用​

リース品はありません。

全て売切品となります。

鉄板

クレーン設置時の養生や場内の搬入路などに使用

リース可能品

5‘x10’​(1524mm×3048mm​)

5‘x20’​(1524mm×6096mm)

以上、重仮設の資材に関するお話でした。​

それではまた。​

 

 

 




Pocket


コメントを残す