鋼矢板の種類と型の違い

Pocket





 

こんにちは大野です。

 

今日は鋼矢板の規格といろいろな鋼矢板がありますがリース可能な鋼矢板はなにがあるの?・・・という疑問がある人いると思いますのでこれについて話していこうと思います。

 

鋼矢板の種類

鋼矢板には最も種類が多いU型の他、直線型の断面を有するものがあります。

 

↓↓鋼矢板の形状

※Wが有効幅です。

 

 

普通鋼矢板

 

通常、仮設で使用される鋼矢板は普通鋼矢板で有効幅が400㎜と500㎜のものです。

下の性能法の形式Ⅱ型・Ⅲ型・Ⅳ型が有効幅400㎜でⅤ型が500㎜の鋼矢板です。

 

↓↓鋼矢板の性能表

 

形式は分かれているのは、鋼矢板の強度の違いで、

Ⅱ型 ≦ Ⅲ型 ≦ Ⅳ型 ≦ Ⅴ型と形式が大きくなるほど鋼矢板の強度が大きくなります。

強度が大きくなるにつれて有効高さも高くなります。

仮設の土留めに使用されるのは、リース可能なため、施工完了後引き抜けば再利用が可能なため、材料を買うよりも安く施工ができます。

 

 

幅広鋼矢板

幅広鋼矢板は有効幅が600㎜のもので強度によってⅡw・Ⅲw・Ⅳwの3

種類があります。

河川の護岸工事や海岸工事に主に使用されています。

 

↓↓鋼矢板の性能表

 

 

幅広鋼矢板はリース品がないので売切り品となるので、仮設にはほとんど使用されませんが、埋め殺しの部分に使用したりします。

 

ただし、バイブロによる施工ではよいですが、サイレントパイラーによる施工をする場合は普通鋼矢板と幅広鋼矢板は同じ施工機械では施工できませんので、注意してください。

 

 

鋼矢板の強度の見分け方

 

鋼矢板の強度は壁1.0m当たりの「断面二次モーメント」「断面係数」の数値が大きいものが強度が大きくなります。

下の性能表によると強度は

Ⅱ型 ≦ Ⅱw ≦ Ⅲ型 ≦ Ⅲw ≦ Ⅳ型 ≦ Ⅳw ≦ Ⅴ型

となります。

 

 

リース可能な鋼矢板

 

重仮設のリース会社が保有している一般的な長さです。

Ⅱ型:4~8m

Ⅲ型:5m以上

Ⅳ型:8m以上

Ⅴ型:9m以上

 

最大長さは溶接してつなぐことが可能なので、運搬が可能な長さで決まってきます。

トレーラーが入ることが可能な現場であるか、運搬経路に大型車通行禁止の場所はないかなどで決まります。

短い鋼矢板しか運搬不可能な現場では、現場で継溶接を行います。

 

Ⅱ型は地域性もありますが、保有している会社はかなり少ないので、リース会社に問い合わせをしてから計画をしたほうがいいです。

 

Ⅴ型はリース品を保有しているのは関西と関東ぐらいで、地方で保有している会社はほとんどありません。

関西・関東から運搬すればリース可能となりますが、地域によっては運賃が割高となってしまいます。

 

 

今日は鋼矢板のについてのお話でした。

 

それではまた。

 

 

 

 

 

 

 




Pocket


コメントを残す